2017年09月14日

ドイツ文化とドイツ・明日への旅路

ドイツはやはり自分に取って深い関係がある国になります。ドイツの都市名を思いつくままに並べると結構な数になります。ローテンブルクやハイデルベルクなど丘の上の中世の都市そのままのような信じられないロマンティックな光景の街も魅力的です。

これまで訪れたドイツの街々でいまでも心の中にあるのは、やはりベルリンですね。ベルリンには世界有数のオーケストラ、ベルリン・フィルをはじめ、ベルリンドイツ響など数多くのオーケストラがあります。

ドイツ旅行の印象深い出来事としては、ベルリンのブランデンブルク門が印象深いです。壁の崩壊の直前と直後に訪れたので、リアルな出来事として感慨深いものがあります。

ドイツ語圏にはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、シューベルトの功績は大きいです。歌曲王の冠を戴く彼の作品はゲーテやシラー等の文豪の詩の世界に新たな息吹を与えたものとして、芸術的評価をうけています。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。ゲーテと並ぶ疾風怒濤時代の文豪シラーはベートーベンの第九交響曲の「歓喜に寄す」でよく知られています。

ドイツにはヨーロッパサッカーの要をなすブンデスリーガがあり、香川真司が2010ー2012年シーズンまで在籍していた、ボルシア・ドルトムント BVボルシア09 e.V. ドルトムント(Ballspielverein Borussia 09 e.V. Dortmund)BVBがあります。

ドイツ語はこれらの芸術・文化社会の礎となっている豊かな土壌となっている言語です。

posted by christian at 18:10| Comment(0) | 日記

2017年09月10日

ドイツ文化・夢の旅路

ドイツにいつの間にか憧れを持ち、その幾つかに実際触れることが出来ました。ドイツと聞いてまず思い浮かべる都市はどこでしょうか。デュッセルドルフは日本人が多い町として有名です、ドイツ進出の日本企業の総本山的な役割の都市として挙げられます。

ドイツで最も好きな都市の一つは、ハンブルクです。実はハンブルクは一度しか訪れたことがないのですが独特の雰囲気を醸し出しており、是非また行きたい都市になっています。

ドイツ旅行の印象深い出来事としては、旧東ベルリンのシェーネフェルト空港に降りた時です、夕方遅くで西ベルリンに行くタクシーがないのに驚いた覚えがありました。

ドイツの音楽では作曲家は数多いですが、ヨハン・セバスチャン・バッハがなんといっても金字塔ですね。その膨大な器楽曲のほかに、教会音楽家としての作品群も多く、死後二百数十年経っていても依然光り輝いている普遍性があります。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。ノーベル文学賞作家には中編小説の騎手ヘルマン・ヘッセがいます。代表作には「郷愁 」「車輪の下」等があります。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、過去に5回リーグ制覇しているボルシアMGボルシア・メンヒェングラートバッハ (Borussia VfL 1900 Mönchengladbach) などのチームがあります。

ドイツ語はこうした芸術・文化社会の礎となっている品格のある豊かな言葉です。

posted by christian at 23:50| Comment(0) | 日記

2017年09月03日

ドイツ語学習・限界突破で加速

ドイツ語を学習して、ドイツ語になれてくると、ドイツ語には英語にはない特別な日本語的な面があり、非常に親しみを感じてくるようになります。ドイツ語が話されているのはドイツとハプスブルク家のオーストリア、チューリッヒ、ベルンなどを含むスイス等の周辺で使われている言語です。

ドイツ語は英語よりも、我々にはわかりやすいところがあります。ドイツ語はサッカーファンの間ではバイエルン・ミュンヘンとかヘルダーベルリン、シャルケ、ハンブルガーFCなどのチーム名と関連して響きが魅力ある言語のようです。

ドイツ語では動詞の否定を表す場合、否定形は文末に置かれることが多く、これは英語のnotとドイツ語のnichtの使われる位置に明らかな相違が見られ、日本語に近くなります。「私は彼女を愛していない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't love her." "Ich liebe sie nicht." となり、「私は〜しない。」という否定文では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が述べられるという共通点があります。

ドイツ語の発音で難しいのはö(オーウムラウト)ですが、これは「Oの変音」と言う名前の通り、オーと言った口の形でエーと発音するおとです。カタカナだと「エー」と表記します。Öl [エール] oil Vögel[フェーゲル] Vogel (鳥)の複数形などです。

ドイツ語には日本語になっているけど元の意味はちょっと違うというものもあります。代表格がアルバイトというもともとはドイツ語の言葉、最近はバイトで定着していますが、ドイツ語の名詞 Arbeit(仕事)、動詞ではarbeiten(働く)が日本語化したものです。ちなみにドイツ本国では、バイトのことは、part-time job と英語を使います。面白いですねドイツ語はまた発音も日本語に近い母音なので、響きも日本語的に感じる場合も多いです。ドイツ語を話すようになってくると、日本語とドイツ語でニュアンスが同じような言葉が多いと感じます。

ドイツ語をはじめようと決心した人は、誰でも中学校で学ぶ英語の場合とは違い、何か自主的なキッカケがあるはずですよね。ドイツ語が英語と違って面倒だと感じてしまうのは、格変化で名詞だけでなく形容詞までも変化するところでしょうか、冠詞類+形容詞+名詞類(3つの性)が最大の難関かもしれませんね。

posted by christian at 19:20| Comment(0) | 日記